2013年3月7日

『ダブリン上等!』

店のレジの女性を口説くふりをして、男は金を奪う。
若い男は恋人の気持ちを確かめたくて別れ話を持ちかける。
ふられた彼女は6週間後に中年の男と付き合い始める。
中年の男の妻は夫から別れ話を持ちかけられ、自棄を起こす。
中年の男と付き合い始めた女には妹がいて、妹には鼻と口の間にうっすらと髭がある。
バスの運転手は悪ガキに石を投げつけられてバスを転倒させてしまい、職を失う。
暴力的な警官はケルト伝説を信じており、ケルティックソウルを大事にする。
テレビ番組を制作する男は、その警官を主役に番組を作ろうとする。
そして、冒頭に登場した男が、失業した運転手と恋人をふった若い男を誘って、
銀行の金を盗む計画を立てる。そして計画が実行されるが……。

登場人物が老若男女すべて癖のある人間ばかりで、これらの人間を描くことに主眼が置かれているのではないかと思えるような映画です。


0 件のコメント:

コメントを投稿