2012年8月26日

『ダブリンで死んだ娘』

ジョン・バンヴィルがベンジャミン・ブラック名義で書いたミステリー。
アイルランドとアメリカが主な舞台で、相互を行き来します。
内容に関しては、可もなく不可もなく、といったところでしょうか。
バンヴィル名義の小説に比べると物足りなさを感じるかもしれません。



ダブリンで死んだ娘 (ランダムハウス講談社文庫 フ 10-1)
ベンジャミン ブラック 松本 剛史
4270102853



0 件のコメント:

コメントを投稿